保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ

住んでいる地域で国内系か外資系か変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1998年に自動車保険が自由化されてから外資系の自動車保険も日本に参入し、私達消費者はたくさんの自動車保険から商品を選ばなくてはならなくなりました。国内系かもしくは外資系が迷ってしまうところではありますが、住んでいる地方によって国内系か外資系か保険会社を選ぶ基準が変わってきます。

地方に住んでいる人は国内系自動車保険に入った方が便利かもしれません。というのも外資系保険会社は地方に支店を置いていないところも多く、都心に集中していることが多いからです。万が一、交通事故に遭った場合、電話だけでなく、直接会って話がしたいということもあるかもしれません。そのような時に地方在住で近くに支店がないようでは直接会うことは難しいでしょう。しかし、次のような事例もあります。

自損事故を起こしてしまい、加入している外資系の保険会社にWebから事故報告。翌々日に電話がかかってきて、事故内容の確認を行い、その後すぐに修理の話に。修理代金も問題なく下りたということです。このように、保険会社の人と直接会うことなく、Webや電話のやりとりのみでスムーズに事が運ぶという例もあります。

しかし、このようなケースでは加入者本人にコミュニケーション能力が必要だとも言えます。Webで事故の状況を的確に報告する力があってこそでしょう。地方在住者でも的確に状況を判断でき、また報告することができるような人は外資系自動車保険でも戸惑わなくてもすむかもしれません。

Copyright (C)2017保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ.All rights reserved.