保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ

ダイレクト型自動車保険の弱点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外資系の自動車保険は代理店などを経由せずに申し込むダイレクト型となりますが、ダイレクト型は保険料が安くなることをお話しました。保険料が安くなるということは大きなメリットですが、反対に問題点はあるのでしょうか。

料金に関しては国内のものとダイレクト系の保険料を比較すると保険料に大きな差があります。ダイレクト型の自動車保険に加入している人の多くは交通事故を起こした人がない人達が大半を占めている傾向があるようです。

これはどういうことかというと、これまで自動車保険に入っていたけれど、無事故のため、自動車保険のお世話になったことがない人達です。このような人達は何もないのに、割高の保険料を支払うのがもったいないと感じるからかもしれません。しかし、ダイレクト型自動車保険にも弱点はあります。

まずは、アフターケアが手薄いということです。国内系の場合は万が一事故に遭った場合、すぐに事故現場に来てくれることが多いのですが、ダイレクト型は来てくれないこともあるようです。交通事故に遭った時、中には気が動転してしまって、事故時の詳しい状況を上手く説明できないということもあります。そんな時、保険会社の人が立ち会い、説明するのをサポートしてくれたりするのはとても心強いものです。

一方、ダイレクト系の場合は事故に遭っても現場には来てくれず、電話の指示だけになってしまうということもあります。ダイレクト型に加入する場合はそのような事態も理解した上で加入した方がよいでしょう。

Copyright (C)2017保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ.All rights reserved.